予約する

一泊 5 500 € / ユーロから

ご予約

Suite
Chopin

歴史的建造物に指定されている天井画とグランドピアノが神秘的な雰囲気を与える、高い天井と丸みのあるベッドルームが特徴的なこのPrestige Suiteは、かつてヴァンドーム広場に暮らした天才ピアニストの思い出を彷彿させます。音楽好きでもそうでもなくても、このスイートに漂うロマンチシスムと叙情性に感銘を受けずにはいられません。

68m²
ヴァンドーム広場の眺め
1

リッツ パリでのご滞在

お気にめすことでしょう

天井画

このPrestige Suiteは異色の個性をもっています。芸術、音楽、全ての美を愛する審美家の隠れ家。装飾芸術の正真正銘の傑作である天井画をはじめとする数々の美術品は、この歴史的人物に対する敬意の証です。

ホテルでごく当たり前のようにピアノの前に座れるなんて、何という贅沢でしょう...。

歴史にまつわるエピソード…

名ピアニスト

1831年にロマン主義が流行していたパリに赴き、パリを転々としたポーランド人ピアニストにとって、ヴァンドーム広場12番地のボダール・ド・サン・ジャム邸(現メゾン ショーメ)は最後の住居となりました。ショパンはそこで、亡くなるまでピアノのレッスンをしました。

伝説を超えて
Suite Mansart

パリのすべての美しさがこの、Suite Mansartに凝縮されています。他では珍しいスイートルームには、光の街とそのモニュメントを一望できるプライベートテラスがついています。