Bar Hemingway

世界でいちばん有名な(そしていちばん小さい)このバーの名前は、常連客であった作家にちなんでいます。 

「世界最優秀バーテンダー」に2回選ばれたColin Fieldとともに、伝説はこれからも続きます…。夜毎多くのファンのお客さまが、限られた25席のどこかでメンバーズクラブの雰囲気を味わおうとこのバーを訪れます。チェスターフィールドソファ、書棚、写真、古いタイプライター…。

会話の邪魔にならないように音楽はありません。一度訪れれば、言葉では表現しきれないこの場所の魅了がお分かりいただけるでしょう。

オープン 18:00 - 02:00
ヘッドバーテンダーからの一言

聖堂の守護者、Colin Field

「ひとつのカクテルを人は3回飲みます。1回は目で、2回目は鼻で、最後には口に含んで」 。
世界で最も偉大なバーテンダーと称される彼が世界中から注目を浴びているのは、伝統を踏襲して作られるカクテルはもちろん、ホテルの伝説を作り上げた著名ゲストにまつわるエピソードや、25年のキャリアの中で遭遇したさまざまな出来事を共有してくれるからでしょう。いわば彼自身が伝説の人物なのです。
シグネチャーカクテルは、まぎれもなく「Le Serendipity」。

歴史にまつわるエピソード…

桁外れ

ハンティングトロフィー、アメリカの警察の肩章、煙草の箱が入った額縁、メモ、蓄音機…。

英国紳士が出てきそうな雰囲気のこの小さなバーには珍しいコレクションがたくさんあります。

アーネスト・ヘミングウェイが小説の題材を求めたお気に入りの場所であるのも不思議ではありません。また、彼はこの場所で51杯のドライマティーニを続けて飲み干し、ドイツ人兵士からのパリ解放を祝ったとも言われています。文学名所めぐりにもふさわしい場所でしょう!